LOG IN

マモルに余計な質問、聞いてみた

by 株式会社ライブリッツ・アンド・カンパニー 中小企業診断士 小野 史人

中小企業基盤整備機構が先月から始めた、人工知能(AI)を活用した自動会話サービス(チャットボット)で起業相談に応じる「起業ライダーマモル」。

小職も公的支援機関の経営相談窓口でライトなものからヘビーなものまで一通りは経験してきているので、AI起業相談がどれほどのものか会話してみましたよ。

さてさて、のっけからブルーオーシャンを見つけたら突っ走れとマモルは言う。
そこで、「ブルーオーシャンなんてあるの?」聞いてみた。

現在学習中のことですが、どうもJ-NET21ビジネスQ&Aの回答に落とし込もうという意図が見え見えで、相談としてはとても不自然(笑)。
次に「社長は偉いの?」って聞いてみた。

「起業の流れは」の質問でいいか?とマモルは言う・・・・よくないよ、マモル。そんなこと聞いてない(笑)。

どこでどう判断しているのかそういう理解をするのか、興味がわいてきたので、脱線した質問をこの辺で一本入れてみた。
「マモルは結婚しているの?」

ええ、つい突っ込んじゃましたよ。
ここまで来たら悪ふざけが過ぎまして、起業に全く関係ないことも聞いてみた。
「乃木坂46についてどう思う?」

・・・・よくないよ、マモル。そんなこと聞いてない(笑)。
それよりも乃木坂46とかけて事業計画と説いた理由を教えてよ(爆)。

起業相談、AIにとって代わるのは少なくともあと1年は大丈夫かな。

追記:写真は自宅近くで鮮やかに咲くつつじ。朝日が映えてキレイでした。


株式会社ライブリッツ・アンド・カンパニー 中小企業診断士 小野 史人
OTHER SNAPS