LOG IN

補助金を勘違いしないで欲しい

by 株式会社ライブリッツ・アンド・カンパニー 中小企業診断士 小野 史人

もの補助(※正式には「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」と言うんですよね)の〆切が
近づいていますね。

認定支援機関の確認印に要する時間などを考慮すると、今日あたりでギリギリでしょうか。

ご存じのとおり、もの補助はリーマンショック以降、定期的に実行されている支援施策で、最近では、
ものづくり企業から商業(漠然としてませんが)、サービス業まで適用範囲が広がって、使い勝手の良
さも手伝い、中小零細企業の間でかなり浸透している印象を受けています。

今回のもの補助に関しては、補助金申請支援を当社は主たるビジネスと考えていないので、当社クライ
アントで、かつ補助金申請を希望する先のみ、サポートさせて頂きました(もちろん、別途料金頂かず
に)。

申請支援については、中企庁からの警告も出ていますとおり、「悪徳」な認定支援機関もあるようです 。

補助金申請支援については、支援者(=コンサルタント)側のビジネスととるか、かなり意見が割れるところだと思います。

ただし、事業者の方々にはくれぐれも勘違いしないで頂きたい。

申請書様式2で事業計画を記載しますよね。
表の中には「投資利益率」というものがあります。

補助金は税金であり、言い換えれば、補助金は、国から自社への投資です。
投資利益率は、事業計画を評価するうえで大切な定量面の指標となります。

あなたの事業計画は、自社に投資された資金(=補助金)をどういう形で国に還元しようとしていますか?

税収ですか?

地域雇用ですか?

新たなマーケットの創出ですか?

国が何のために補助金を出すのか、逸る気持ちを抑えて一度考えてみて頂きたいのです。

そうすれば、自分の事業計画に未来と目標と思いを込めようとすれば、補助金申請の代書屋に頼もうなんてことは減るはずですから。

所謂、ネットでの補助金申請支援屋さんの煽り方、正直、嫌いです。
申請すれば、みんながみんな採択されるわけじゃないんですから。


株式会社ライブリッツ・アンド・カンパニー 中小企業診断士 小野 史人
OTHER SNAPS