LOG IN

3つの打ち手

by 株式会社ライブリッツ・アンド・カンパニー 中小企業診断士 小野 史人

7月、8月とあっという間に時が過ぎていきました。
写真は某地方の駅のホームでパチリした1枚。ここは時がゆっくり流れていました。


いつのまにか(そんなわけないのいですが)平成28年度第2次補正予算案の概要も発表されましたね。
当社は業界に特化した補助金について、経営改善に資する場合は申請をちょこっと手伝ったりしていますが(赤ペンチェックくらいです)、適正に使用されることを願います。

今、事務所では実務補習のメンバーが製造業の経営診断で喧々諤々の議論をしています・・・と言えばカッコいいのですが、実務補習ですので、多少の「マジカル」はあります。
ただ、自分とは違う目線で見てくれるので、新鮮ですね。


さて、話を現実に戻しましょう。

景気は上向いているということはあまり感じることはありません。
特に、ある業界(特定されてしまうので、このような表現にしています)では大型倒産に端を発し、支援先の業績に影響を与え始めました。
経営改善計画策定と実行を支援している当社ですが、その進捗が滞り気味で、日々奔走しています。

一方、翻って考えてみますと、当社も経営支援を主な生業としている1事業者です。

私たちもコンサルティング事業を展開している事業者です。
7月~8月で(自分で褒められる)唯一のことは今後の展開を忙しい中、いろいろと考えて(企んで笑)、そして進めたことです。

現在、3つの打ち手を同時に進めています。
秋口から少しずつお目見えしてくる予定です。

当社には珍しく、すべて「攻めの打ち手」です。
私自身も1日も早くちゃんと発表できることを楽しみにしています。

こうご期待。


株式会社ライブリッツ・アンド・カンパニー 中小企業診断士 小野 史人
OTHER SNAPS