LOG IN

ありきたりですが、新年の抱負です

by 株式会社ライブリッツ・アンド・カンパニー 中小企業診断士 小野 史人

新年明けましておめでとうございます。
本年もご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

昨年は当社ライブリッツ・アンド・カンパニーにとって、飛躍の1年と言える12ヶ月でした。
ご支援させて頂けるクライアント先も増え、支援でお伺いする地域も広がりました。

当社の業務の90%はコンサルティング業務です。

泥臭くて地味な仕事ですし(笑:派手さなんて求めてもないですが)、なかなか理解されないことが多いですが・・・
(それでも仲間に加わってくれる中小企業診断士に巡り会えたことは何よりの財産ですし、大変感謝しています)

年末には2016年の振り返りをされたクライアントも多かったようです。

そのうちの1社で変革リーダーをお願いしている方から嬉しい便りを頂きました。

「2016年も11時間余りを残すだけですが、小野先生の主導によるヒアリング(会議)は、個人的にも各工場責任者の意識改革の切っ掛けになり、リーダーとして、自問自答すること、やり甲斐のある年であったと実感しています。来年も厳しい状況かと思いますが弊社経営改善のため2017年もご指導のほど、宜しくお願い申し上げます」

こういう言葉をもっともっと頂きたい!
(欲張りなんで)

いわゆるデューデリ、経営改善計画策定、モニタリング・・・など言葉だけみればカッコよく見えますが、実際の中身は「戦略再構築」「組織変革」「業績評価体制の確立」、この3つセットが多かったです。
(精緻なデューデリ報告書よりも当社は具体的な経営改善を優先して取り組んでいますので)

サクッと昨年を振り返ると、コンサル業務以外にこんなことやりました。

春には、ボードゲーム好きが興じて、中小企業診断士ゲームサロンを立ち上げ、定期的に運営してきました。

夏には、中小企業診断士(特にコンサル・経営診断業務中心)として独立したい方を対象にコンサルタント体験セミナーを開催しました。

秋には、大ヒット映画「君の名」を観て、アニメの力を思い知り、プロのイラストレーターに依頼して会社紹介チラシを作成しました。

いろいろやっているように見えますが、

「経営改善計画具現化のポイントは、計画策定の取組み方と計画策定後12ヶ月のモニタリング、この2つにある」

2017年もこの支援コンセプトを大切に、地域中小企業の再成長支援に資する改善計画を会社と一体になって策定し、その実行を支援していきます。
加えて、今まであまり手掛けてこなかった創業セミナー(Cafeゲームの活用)や出版にもチャレンジしていきます!
(その前に、自分も経営者として、コンサルタントとして、レベルアップしなくては、今年は特に意識的に)


株式会社ライブリッツ・アンド・カンパニー 中小企業診断士 小野 史人
OTHER SNAPS